骨盤矯正とは?

こんにちわ!TRAINEES浜町店です!!

”骨盤矯正”という言葉はもはやメジャーな言葉として浸透してしまっている印象ですが、骨盤矯正というのは医学用語でもないです。
そのため具体的にどのような状態を指すかも基準がない状況です。

おそらく多くの骨盤矯正を押しているお店は「歪んだ骨盤を元に戻す」というようなニュアンスで仰っていると思いますが、そもそも骨盤が歪んだという根拠や歪んだという基準もありません。
そして逆に言うと何らかの理由で骨盤が歪んでいると判別できたとしてもそれを徒手で戻すことは不可能です。

徒手くらいで骨盤が歪んだり、動いているようではコンタクトスポーツなどでは毎回骨盤に対して歪むようなストレスが加わっていることになってしまいます。
「産後骨盤矯正をしないと骨盤が歪んだままになってしまいます」なども言われますが、出産で広がった骨盤はホルモンの作用で勝手に戻ります。もちろん筋肉量が落ちていたり、身体のバランスが崩れていたりなどはあることはありますので適切な運動や施術などが必要な人もいるかと思いますが、それは骨盤矯正が必要なわけではないです。

また骨盤もそうですが、人間の体は左右対称じゃありません。臓器の数や大きさなども違いますし、利き手などもありますのである意味片寄っていて普通です。全く左右対処、歪みなし!みたいな人はほぼいないと言って良いと思います。

たとえば左右で骨盤の高さが違かったりした所でそれがその方の正常であるかもしれないです。
なのであまりに突っ込みどころや根拠が乏しすぎるのが”骨盤矯正”や”歪み”という言葉だと考えています。

腰痛なども骨盤が歪んでいるから起こるわけではなくそれ以外の理由が大いに考えられます。ぜひそのような所も一つ頭に入れて頂ければと思います!

今回は以上です!!