腹部活性で反り腰改善~お客様の変化~


こんにちわTRAINEES浜町店です!

今回は反り腰のお客様のビフォーアフターと解説をしていきたいと思います。
現代人の不良姿勢の中には”反り腰”という方が圧倒的に多いです。
おそらく一般の方の中では私は猫背だから丸まっていて反り腰とは逆と思っている方もいるかもしれません。
しかし”スウェイバック姿勢”と言われるような骨盤が上半身の真下になく前にずれていて上半身が下半身に対して後ろにあるような状態の方は猫背になっていますが、腰は反っています。

なので現代人の多くの不良姿勢の改善を考えた時に反り腰というのはかなりキーワードになっていきます。
そして反り腰の方の中には前屈があまり行かない人が多い、又は前屈は行くけど腰が丸まれない方が非常に多いです。

前屈というのは基本的に体の背面がすべて伸ばされていくため背面の緊張が高いとあまり前屈が伸びないわけですが、反り腰の方は腰を丸めることが苦手なので前屈もいかない人が多いです。

上の写真はお客様の前屈の変化です。
これは1日のトレーニングの中での変化ですが、右の方が前屈がしっかりと伸びていますよね。
特に左の方は腰あたりがまっすぐで丸まりがでていませんが、右は左よりは少し丸めることができるようになっているかと思います。

こちらはいわゆるストレッチは全く行っていません。
腰椎の屈曲を引き出すエクササイズを行い腹部活性が行われることで腰部の緊張が低下し最初より伸長できるようになったことでの変化です。もちろん1回行っただけでそのままにしておくと戻ってしまいますが、継続して行うことで腰部の緊張が抑制されてこの状態を定着することができていきます。

前屈が伸びることが目的ではないですが、反り腰で腰部の緊張が強い方はトレーニングによってこのような変化が出てきます。
そうなると日常的に腰が疲れたり、痛くなるのが楽になったり、軽くなったりもしてきますので非常に重要なことです。

反り腰によるお悩みがある方も是非一度体験からご来店頂ければと思います。
今回は以上です!!